読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の見える窓から

50代、主婦。ミニマリストになりたい。

お弁当は一回休み

雑記

昨日は珍しく気が乗らないので、お弁当作りはお休みしました。

バイト先の近所に外食できるところはないけれど、コンビニでお弁当は買える。ダンナは外食できるしね。

 

最近1日中立ち仕事が増えたので、疲れもあったのかもしれない。せっかくダンナが作ったお弁当用の煮卵も、おかずの取り合わせを考えるのに行き詰ってしまって、「もう無理!」状態。

 

傍から見るとバカバカしいんだけど、私のお弁当作りはパターン化している。基本セットは「卵焼きと青菜のおひたし+赤系の何か」。

↓ 数日前のお弁当。卵焼きの代わりにカボチャのサラダ。青菜、ミニトマト
f:id:fukulife:20170221082630j:image

 

「赤系の何か」というのは、ミニトマトやパプリカの赤、赤カブ漬け、ゆかりやシャケのふりかけだったり。

それだけそろえば、あとはどんなに茶色系のおかずになろうとも、それなりの格好がつくわけ。揚げ物や肉類のガッツリ系のおかずは茶色だもんね。

ちなみにひじき煮や黒豆煮など「黒」を入れると見た目が引き締まってちょっとグレードがあがった感がある。

 

で、そこに煮卵を投入されるとどうなるか。色鮮やかな「卵焼き」が外れて茶色メインの内容になる。黄色のパプリカや、黄色の食用菊など同じくらい色鮮やかなものはそうそう手元にない。

まあ、茶色メインのおかずにグリーンピースを添えるとか、ミックスベジタブルをバラまく荒業とかもあるけど、そこまでの気力が湧かなかった。

なので、他のおかずが全部あったのに、「最後の1ピース」が決まらなかっただけでお弁当はお休み。ダンナには「疲れた」としか言わなかったけど、そんな理由。

 

ちなみにコンビニ弁当は、焼き鮭あり、コロッケあり、キノコ炒めやおひたしほか、こまごまとおかずの品数も多く、十分満足できました。

ダンナはといえば、以前一緒に仕事をしたことがある人から「一緒に昼食でも」と久々に連絡があったとかで、「もしお弁当があったら断っていた。良かった」だったそうです。

 

こんなささいなことでも、世の中はうまく回るようにできている。

 

私はもともとここは気にしないところだけれども、「お弁当作りをさぼった自分を許せない」「ダンナが頑張っているのに私がさぼるなんて」「せっかくおかずがあったのに」とかいう罪悪感で自分をいじめるのはよしましょう。

 

 

バレンタインデーはママがチョコレートをもらう日

雑記

いつのころからか忘れてしまいましたが、我が家ではバレンタインデーには夫から妻へチョコレートを贈る日になっています。


f:id:fukulife:20170214213617j:image

 今年はフォンダンショコラでした。初めて食べましたが、温めると中のチョコレートが溶けだしてなんとも言えない美味しさでした。生地も冷たい時よりもふわふわの触感に。

 

最初は、私から夫にチョコレートを贈っていましたが、そんなに甘いものはたくさんは食べない方です。どちらかと言えばお酒を飲む方ですからね。

私は甘いものは大歓迎なので、毎年大喜びでありがたくチョコレートをいただいています。ふふふ。

 

 

 

周囲では、旦那様にチョコレートを贈る奥様ばかりなので、我が家での話はしませんが、あまり読む人のいないブログならいいか~というわけで書いてみました。

 

 

新しい職場の給料日に感じたこと

雑記

10日は、年明けから始めたバイトのお給料日でした。週5日ですが短時間なので〆て10万円ちょっと。

 

それまでのバイトが週3日で約6万円。

 

「好きな方(今の職場です)を選ぶには、週3日のバイトは辞めなきゃいけない。辞めたら戻ることはまず無理。近所で事務職はなかなかないし、このまま続けた方がいいかなあ」そんな風に思っていましたが、

 

いやー、あのままうだうだ残らなくて良かったです。毎日が勉強というか、吸収したいことが次から次から出てくるし、変な派閥はないし、バイト同士はもちろん、正規職とバイトの間でも当たり前のようにフォローします。

うん、楽しいよ。やっぱり。

 

で、楽しいことをやっていると、仕事の効率をどう上げるかとか、質を上げるとか、全体の流れを如何にスムーズにするかetcetc と仕事に没頭できます。ワザと足を引っ張る人もいないし。だいたいそんなことをやっている余裕はないし、業務に支障が出ます。

ある意味人間関係のトラブルって、暇だから起きるのかもしれません。

 

前の記事で、父のことを書きましたけど、正直自分の機嫌を取ることに集中することで、こんなに早く、それも明後日の方から「いいこと」がくるなんて全然想像できませんでした。 

fukulife.hatenablog.com

 

セッション料金は私の1か月のバイト代を軽く上回るので、無造作に払える額ではありませんでした。「もし私が変わることで、家族にいい影響があるのなら」と思い切ってセッションに申し込みましたがいい経験になったし、これからももっといい経験ができるはず。そう思っています。

 

 

 

 

 

夫婦でお弁当生活

雑記

曲げわっぱのお弁当生活は、その後も続いています。 

中身は毎日似たようなものですが、写真を撮るのもなかなか楽しい。下手なんですけどね。

fukulife.hatenablog.com

 すると、夫も「社外に出ない時はお弁当を作ってほしい」とネットでお弁当箱を購入。

こんなの ↓

www.amazon.co.jp

プラスティックのお弁当箱は、汁漏れ防止のパッキンや、取り外した溝をきれいに洗うのが少々手間。上記のフードキャリアはパッキンなしで洗いやすいです。作りもシンプルなので、長く使えそうです。

f:id:fukulife:20170210210857j:plain

3人前以上になると、おかずの量もそれなりに多くなりますが、一人分のお弁当でも二人分くらいの量は作るので、手間も食材の量もそれほど変わりません。

 

最近外食の濃いめの味付けが気になるのだとか。

 

ホイルカップを使わなくなった

曲げわっぱのお弁当箱に変えてから、今まで何気なく使っていたおかず用のホイルカップを使わなくなりました。塗りにキズが付きそうだからです。シリコーン製のカップなら柔らかそうですが、今度はビビッドな色合いに何となく違和感が。

 

上記のステンレス製のお弁当箱も、異金属接触腐食でホイルカップに穴が開くことがあるらしいので、ホイルカップを使わなくなりました。

その分、汁気をよく切ったり、例えばおひたしを詰める時は、かつお節やもみ海苔など水分を吸う食材で和えるなど、今まで無造作に詰めていたおかずもちょっとだけ見直し。

フードコンテナの方は漏れにくい構造のようですが、曲げわっぱの方は蓋は「乗っかっているだけ」状態。

それでも、これまでお弁当の包みにシミが付いたことは一度もありません。

 

今までは、汁が漏れないようなお弁当箱を探す・使う だったのが、

汁が漏れないようなおかずの作り方、詰め方を考える になりました。

 

そうすると、キレイな紙製の箱にラップを敷けば使えるようになるから、お弁当箱のバリエーションが増えるかもしれないですね。

 

 

自分で自分を認めたら、なぜか父親に変化が。

雑記 お金のこと

前々回の記事で、現状をしっかり楽しもう、不安の種を探すのはやめようと決心したことを書きました。 

身の回りの物も間に合わせを止めたり、食事を簡単でも丁寧に取るようにと自分や家族の生活を少し変えてみたり。

fukulife.hatenablog.com

 これがちょうど1週間前。

で、昨日久々に実家に顔を出したところ、母から驚きの話がありました。

「お父さんが、『俺はお金には不自由していない』って言うのよ!私におこづかいもくれたし!!」

 

あればなくなるまで使う

私の両親は、母がしっかり者で几帳面、父はお気楽な性格で、無頓着な方です。お金に関してもそうで、父はあればあるだけ使ってしまいます。買い物が大好き。

子どものころ戦争中で不自由したからなのか、親子関係の所為なのかわかりませんが、とにかく手元にあるお金は使わずにはいられない性格です。ギャンブルはしませんし、体調もあってお酒もほどんど飲まなくなりましたから、食品や雑貨をよく買っていたようです。生活費はちゃんと母に渡しています。

年金生活に入ってからでも、家の修繕などにはまとまったお金が必要なのに、そんな調子なので、母はそういったお金を父に使われる前に説明して確保するのに大変そうでした。

 

また、奥さんを先に無くした知人が、年金を全部自分の裁量で使えることができるから「羨ましい」と言ったそうです。それも母に対して。それくらいお金に関してはどうかしているのが父です。

だから、「お金が足りない」「もっと使いたい」としょっちゅう言っていたようです。私たち兄弟=子どもの前ではそんなことは一言も言いませんが。

 

 

自分の気持ちがラクになったら 

そんな父の、「お金には不自由していない」発言。今は入院中なので、どういう心境なのかは退院したら聞けるのかどうか。

子どもとしては、父が穏やかな気持ちでそう言ってくれているならいいなあと思っています。

 

私はこれまでずっと、自分を「仕事をしてお金を稼ぐ」という物差しで測っては、自分に対してダメ出しをしてきましたが、結婚してからここまでの間にかなったことはとてもたくさんあります。

それこそ、お金の面で見たら世間的に「いいなー」と言われるかもしれません。

でも、昔から私が夫に求めていたのは「ずっと一緒に楽しく食事ができること」で、年収がいくらとか、勤務先が大手企業だとか数字で見える条件ではありませんでした。結果的にはそうなりましたが、最初は年収も決して多いほうではなかったです。

 

そう言えた私を、私はもっと認めたらよかった。

青戸真穂さんのセッションでそう気づくことができて、なんだか気持ちがとてもラクになりました。

 

 

曲げわっぱのお弁当箱でランチタイムが楽しい

毎日お弁当生活

今のバイトに変わってから、毎日お弁当生活です。「気が向かないときはコンビニ弁当でいいや~」くらいに思っていましたが、1か月の間にコンビニ弁当は1回。意外と続くもんです。写真は去年のものですが、今年も最初はタッパーをお弁当箱代わりにしていました。

汁漏れしにくいし、扱いやすいけど、見た目があまりよろしくない。うーん。。。

f:id:fukulife:20160114175736j:plain

 

そこで、思い切って「自分専用の」お弁当箱を用意することに。曲げわっぱと呼ばれるスギやヒノキの薄板を曲げて作ったお弁当箱です。白木のものもありますが、揚げ物も入れたいので、シミを気にせず済むよう、今回は漆塗りのものを選びました。

 今日
f:id:fukulife:20170201172404j:image

昨日
f:id:fukulife:20170201172412j:image

おととい
f:id:fukulife:20170201172420j:image

ご飯が冷えてもべたっとせず、タッパーよりは固くなりません。

朝作るのは、卵焼き、青菜のおひたしと多くて+1品くらいで、あとは常備菜とか前日のおかず。
手がかかっていないのに、見た目がぐーんといいと思いませんか?

自分で作っているので中身はわかっているのに、毎日蓋を開けるのが前よりもっと楽しいです。

 

容量も多く見えますが、すりきり入れて500ml。タッパーが550mlなので、むしろ少ないかもしれません。

 

扱いは意外と簡単。普段の自分を見直すきっかけにもなった。

漆器ということで、扱いが難しいのかと思いましたが、主な注意点は二つ。

  1. 傷つきやすいので、たわしやスポンジたわしの硬いほうは使わない。
  2. 木地を傷めるので、食洗器、食器乾燥機は使わない。

これさえ気を付ければ、食器用の洗剤も使えるし、スポンジなら大丈夫。今では、帰宅してまずお弁当箱を洗って拭いて引き出しにしまうようになりました。ヒノキ製でとても軽いのですが、不用意にぶつけてしまうと壊れそうなので、必ず両手で持ち上げています。

ガサツな身のこなしが少しはマシになるかも。

 

それに比べて、タッパーは扱いに気を使うことはあまりなくて、夕食の食器と一緒に食洗器に入れていました。なんでしょうこの扱いの差は。

 

最近、曲げわっぱのお弁当箱は人気があるらしく、1月初旬に注文した時は品切れで、「いまから 作るのでお待ちいただけますか?」という連絡が入りました。製造元のHPを見たら、同じサイズは現在も品切れ中。

お値段は8400円と決して安いものではないので、スゴイとしか言えません。

 

実質負担なし。その理由は?

実は、このお弁当箱はふるさと納税で手に入れました。

www.furusato-tax.jp

曲げわっぱ漆器のお弁当箱は、各地の名産品があるので、小判型だけでなく、円形や四角いものなどお好みのものを探してはいかがでしょうか。

 

ふるさと納税制度には批判的な見方もあるようですが、各地の名産品のPRとか、今回のお弁当箱のように、生活に新しいもの、良いものを取り入れるきっかけ作りにはとてもいい制度だと思います。

 

食に関することは、とかく「30品目食べなきゃ」とか「〇〇は体に良いから・悪いから」とか制限の方から入りますが、まずは「楽しい!」と感じられることから始めるのってなかなかいいのではないかなあ。

 

人生は楽しんだもの勝ち!

雑記

こんにちは。

今日はこちらの継続コースのセッションを受けてきました。(今後メニュー変更があるそうです)

 

はじめてこのブログにお越しくださった方へ&提供メニュー一覧 - 「すみません、ただのオンナに戻ります」。

悩むのではなく、サインを見落とさない

9月の1dayセミナーを受講後、すっかり頭の中がいい意味でお花畑(=幸せを感じている)になっていたものの、自己肯定感は低いまんま。 

fukulife.hatenablog.com

 

すると、自分が本当にやりたいほうではなく、表面上の条件が比較的いいという理由で決まったバイトで何故か「先輩バイトさんにボロカスに言われ続ける事件」が発生。個人的な印象では、言いがかりとかモラハラとかそういうレベル。

いつもならここで、「ああ、仕事ができないからもっと周囲に迷惑をかけないように努力しなきゃ」って考えるところですが、今回は「自分の気持ちを見ないふりしている、大事にしていない」のかもしれないと思い当たりました。実際、仕事により集中しても、ボロカスでしたしね。

「あーこれって、もしかすると方向が間違っちゃったってこと?」と気が付いて、「辞めます」と次のバイトも決めないで申し出たのに、ちゃんと切れ目なく「本当にやりたい内容」の仕事が決まりました。

 

「自分のやりたいこと」を優先する

ものすごく今更感なのですが、「自分を大切にしよう」と意識して行動したのはたぶんこれが初めて。

今までは、同じような行動をしても「できないから逃げた」とか「弱いから逃げた」とかそんな捉え方をしていたように思います。で、「逃げた自分」⇒ 自己肯定感を持てない とかそんなループ。

今は、毎日がとても楽しいです。仕事ですから「くそォ!!」と思うこともありますし、失敗で凹むこともありますが、それも全部込みで楽しい。集中しているので気が付けば終業時間。

役割分担ははっきりと分かれていますが、「都合よく使われている感」もない。

 

で、問題はここから

「こんなにラクしちゃっていいんだろうか?」「フリーランスでやる仕事の準備をしなくちゃいけないんじゃないの?」

どこかで、「苦労して得たものにだけ価値がある」という思い込みが拭いきれなくて、気持ちに余裕が出ると自分でモヤモヤの種を探し出してしまう。

これはもう、止めることにしました。ジタバタしても、無理な時は無理だし。

 

私の母は、体調が悪いとすぐにかかりつけ医に行くのですが、どうかすると、「わざわざ心配の種を探しているような」印象を受けます。より詳しい検査で原因がわかることもありますが、たいていは取り越し苦労でストレスが原因のことが多い。

神経質であることで余計にストレスを増やしている気もしますが、そういう母を私は笑うことはできません。

 

キリスト教徒ではありませんが、好きな言葉

天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。
生るるに時があり、死ぬるに時があり、植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、
殺すに時があり、いやすに時があり、こわすに時があり、建てるに時があり、 
泣くに時があり、笑うに時があり、悲しむに時があり、踊るに時があり(以下略)

               旧約聖書:コヘレトの言葉 第3章より

ちゃんと、巡るべき時にものごとは巡ってくる(らしい)。

 

神のなされることは皆その時にかなって美しい。神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終りまで見きわめることはできない。
わたしは知っている。人にはその生きながらえている間、楽しく愉快に過ごすよりほかに良い事はない。

               旧約聖書:コヘレトの言葉 第3章より

太字のところは私が都合よく強調しました(笑)。

 

今回、うろ覚えだった聖書の言葉をネットで探していたら、続きもずっと掲載されていました。上記の太字部分を見て「聖書にこんなことが書いてあったんだ~」って正直ビックリです。

 

そう、人生は楽しんだもの勝ち!なのだ(バカボンのパパ風)。