読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の見える窓から

50代、主婦。ミニマリストになりたい。

病気で退職する家族のために、家族ができそうなこと・2

 続きです。

fukulife.hatenablog.com

 

退職時に注意したいこと

f:id:fukulife:20170427084105j:plain

 

さて退職にあたって、社員証などとともにそれまで使っていた健康保険証を返却しなければならないのですが、傷病手当金の手続きのために必要なことがあります。

それは、保険証を返す前にコピーを取っておくこと(裏表とも)

退職後、それまでとは別の健康保険に加入する場合、傷病手当金は在職中に加入していた健康保険組合から給付されます。請求のための書類に記載する記号・番号が必要だからです。

 

もう一つは、退職日当日の挨拶は避ける

ということ。退職後の傷病手当金の支給要件の一つに、「退職日まで引き続き医師により労務不能と認められて休んでいる」があります。ちなみにウチの子が加入していた健康保険組合でははっきりと 退職日にたとえ半日でも勤務した場合は対象になりません とHPに明記されています。

私物の引き上げや挨拶は、退職前の最後の出勤日に済ませておくようアドバイスを。

やむなく急遽退職となった場合には、事前に会社と相談して、後日家族が荷物を引き取るなど段取りしておきましょう。

 

病気の治療はいつ終わるのかわかりません。早く回復することもありますが、予想外に長引くこともあります。1年6か月が上限とはいえ、収入(標準報酬日額)の3分の2が支給されるだけでも、経済的な不安はかなり軽くなります。

 

「もうこれ以上ここでは働けない」と思っている治療中の本人にとって、このような細かい点まで気を配るのは大変なことです。周囲の動ける家族がちょっと気を付ければカバーできることなので、まとめてみました。

 

退職後の手続きもあるのですが、長くなるのでづづく。

 

 

 

病気で退職する家族のために、家族ができそうなこと

早いもので、ウチの子が体調を崩して療養生活を始めて約1年になります。

f:id:fukulife:20170403210203j:plain

ありがたいことに今ではすっかり体調も良くなり、薬も自然にやめることができたようです。

ハローワークに通いながら、求職活動ができるまでに回復したのを見て、親としては本当にうれしいです。一時は目を離すこともできなかったので。

 

そう、本人の状態が良くない時は、目を離すこともできないことがあります。ところが、社会保障の手続きは退職後に集中しているので、本人の負担になる場合もあります。

手続きの全部とは言わなくても、家族ができそうなことをまとめてみました。

 

在職中に気を付けたいこと(傷病手当金を受給するために)

1.専門医の受診を勧める

すでに休職中などで医師の証明が出ている場合には必要ありませんが、出勤している状態で精神的に追い詰められている時などに、「もうこれ以上は体が言うことを聞かない!休みたい!」状態になったら。

すぐに専門の病院へ行くように勧めましょう。内科へ行っても事情も聞かれず、胃が痛ければ胃薬が、頭痛がすれば頭痛薬が出てくるだけです。運が良ければ専門医の受診を勧められますが、それが大病院であれば紹介状を書いてもらいましょう。

 

そして、医師が「仕事ができる状態ではない」と判断したなら、診断書をもらいましょう。費用(文書料)がかかりますし、使わずに済むこともありますが、後々役に立つこともあるかもしれません。

ウチの場合は、5400円(消費税込み)でした。

 

2.健康保険料を調べる

退職が視野に入ってきたなら、今後の治療のためには健康保険証が必要です。選択肢としては、

  1. そのまま勤務先の健康保険組合で、任意継続被保険者の手続きを取る
  2. 国民健康保険に加入する

の2つが考えられます。これ以外に、働いている家族の健康保険に加入できるかもしれませんが、傷病手当金雇用保険の受給者は対象外の場合もあるので確認しましょう。

 

ここで家族ができそうなのは、退職後の健康保険の保険料がいくらになるかを確認することです。

↑1.の場合は、健康保険証と直近の給与明細を手元に用意して、健康保険組合に。

2.の場合は本人の前年分の源泉徴収票と現在加入の健康保険証、問い合わせる家族の身分証明証など。事前に市役所の担当部署に問い合わせてから行くのがおすすめです。

 

1.の任意継続の場合は、保険料の事業者負担が無くなるので保険料はそれまでの2倍。ただ、上限もありますので、教えてもらいましょう。

ウチの場合は、付加給付が大変充実している健康保険組合だったのですが、毎月の医療費の負担がそれほど高額ではなく、該当しそうになかったのと、保険料の少ないほうということで国民健康保険を選びました。国民健康保険を選んだ理由にはもう一つあって、

国民健康保険のみに適用される軽減措置があるからです。

  1. 倒産・解雇による離職(特定受給資格者)
  2. 雇止めなどによる離職者(特定理由受給者)

には、離職日の翌日から翌年度末までの期間、算定基準となる所得が7割減になるのです。その分保険料が安くなりますが、病気などで働けない状態では適用されないことに注意。

でも、働ける状態になればさかのぼって保険料が再計算されます。

 

fukulife.hatenablog.com

 

fukulife.hatenablog.com

  

fukulife.hatenablog.com

 

退職前だけでもけっこうありますねー 長くなるのでつづく。

 

まとめ

  • 在職中に専門医にかかる。長期療養と判断されたら診断書をもらう
  • 専門医が大病院にしかない場合は、かかりつけ医に紹介状を書いてもらう
  • 退職後の健康保険料を調べておく

お金を使う気持ちや買い物が変わってきた

通帳残高が増えていくのを見るのが好き。なんですが、お金の使い方はヘタです。

 

ライフプラン上の目標は前倒しで達成されてしまったので、そろそろ「節約」「何が何でも貯金」はもういいかなあと。

f:id:fukulife:20170424092251j:plain

別に目標達成しなくても、いつでもお金に対する姿勢は変えることができるし、変えるなら早いほうがいいです。その方が楽しいしね!

で、こちらの本に載っていたことを順番にやってみました。

 

お金の神様に可愛がられる方法

お金の神様に可愛がられる方法

 

 

「なくなるの、嫌だな~」→お金を使いたくない設定

「少しでも節約!」→貧しく暮らしたい設定

            secret 2「お金」に愛される より

 

まさに、冒頭の私の気持ちそのまま。”設定”の意味が分かりにくかったのですが、”(無意識に)自分が思い込んでいること” ってことでしょうか。

もっというと、私は生活費を稼いでいないので、「夫の稼いだお金は1円たりとも無駄遣いできない」とか思っていましたしね。

これって、「稼いでいない私には価値がない」ですかね。ひどい設定!

 

わりと慎ましく(=貧しく? 物は言いようでいくらでもイメージを替えられますね)暮らしてきたわが家がお金に見放されなかったのは、マイホーム購入など使うべきところでお金を使って、生活の満足度を上げてきたからかもしれません。

ただ、日常でのお金の使い方は本当にイマイチ。

 

本当に気に入ったものを買う

例えば、衣替えのために新しい服を買い替える時、

 普段着用のシャツ2枚、

 仕事用の靴1足

 ・

 ・

 ・

などと買い物リストを作ります。以前は、必要なものだし、何回も買い物に来るのも手間だしということで、「この服のここが気に入らないけど、まあまあ合うからいいか」と買ってしまうことが度々でした。

 

そういう「まあまあで買った服」って結局は気に入らなくて着ないんです。で、傷まないので処分するのに心が痛むんです。

 

最近は、「本当に欲しいと思ったものだけ買う」「多少の予算オーバーは気にしない」にしています。買ったものはお気に入りなのでどんどん着るし、「まあいいか」の買い物が無くなった分だけ余計にお金を使うことが無くなったので、費用対効果(コスパ?)は上がっています。

 

fukulife.hatenablog.com

 結局、ボトムス1枚とコート1枚はこのシーズンで買いませんでした。

 

 

コスパっていうと、「いかに安くたくさん買えて満足」の意味で言うことが多いけれど、「自分の生活の満足度があがる」とは全然ちがうなあと。

 

ポイントカードは使わない

ショップカードが多かったですけれど、利用していないものがほとんど。処分してスッキリしました。買い物のたびに、「ポイントカードを忘れてきたから、買い物をするのは損」とか普通に思っていましたね。

さすがに、「ポイント2倍だから買おう」まではなかったですけど。

 

でも私は徹底できなくて、よく利用するスーパーとドラッグストアともう1枚がまだ残っています。じゃあ、年間どれくらいのポイントがたまるかというと、

スーパーで1000円~2000円

ドラッグストアで500円~1000円

なんですよね。

 

これくらいなら、「気に入らないけれどまあまあ」な服を1枚やめれ済む話です。で、そういう「まあまあ」な買い物は、おそらく1年で1回ではないはず。

もっと言うと、確定申告をすることで数万円単位で差が出ることもあるし(その年の家族構成やなんやかんやで違う)。

 

いかに目先のポイントに目がくらむかってことですねえ(しみじみ)。

 

カードより現金?

ネットショッピングではクレジット決済をすることがほとんどですが、最近ではちょっとまとまった額の買い物はクレジットカードで支払う機会が増えています。もともとカード払いにしても、即現金をカード決済口座に移すので、支払いの痛みはほぼ現金払いと同じと思っていました。

 

でも、先日現金払いにしてみたら、やはり買い物を真剣にするようになるんです。それも「少しでも気に入らない物は買わない」ように。うーん。これだけでもポイントにこだわる必要がなくなりますねえ。

 

↑こちらの本の本筋は別にありますが、日常のお金に対する意識が変わってきただけでもものすごく気が楽になりました。というか、買い物って大嫌いだったんですが、ちょっとは好きになれそうな気がします。

 

日光でゆったり

週末、日光で1泊旅行に行ってきました。

中禅寺湖> 

立木観音前の歌ヶ浜から。これだけお天気が良く見晴らしがよい日は珍しいとのこと。前日は気温が4度。雪がちらついていたそうです。

f:id:fukulife:20170417073311j:plain

 

宿泊は中禅寺金谷ホテル。どの部屋にもバルコニーあり。椅子が置かれていて湖の景色を楽しめます。

f:id:fukulife:20170423055329j:plain

 

<ラウンジしゃくなげ>
宿泊者用のティルーム。数種類のお茶とコーヒーがあって、無料。セルフサービス。


f:id:fukulife:20170417073005j:image

 

窓に面して、ソファーなど配置。こちらはおひとりさま用かな。 

f:id:fukulife:20170417073032j:image

 写真はないのですが、夕食はフレンチのコース。プロの技を堪能しました。

<ロビー>
夜には暖炉で薪が焚かれます。じんわりあったか。
f:id:fukulife:20170417073207j:image

暖炉の前のソファー
f:id:fukulife:20170417073234j:image

今回見て回ったのは、

でした。2日目お昼頃から雨模様。風邪気味だったこともあって、帰る時間を無理せず2時間早めました。もう1か所くらいは回れたんでしょうが、また次回に~

 

 

<大猷院> 

昨年開山250周年を迎え、日光の各寺院で特別公開企画あり。 二天門は補修中。


f:id:fukulife:20170417073510j:image

 
f:id:fukulife:20170417073529j:image

今回感じたこと。豊かな時間を味わうための費用は全然惜しくない。満足!

今回、我が家にしてはちょっと贅沢なお宿だったわけなんですが、大満足でした。

  • (たまたまだけど)いいお天気、素晴らしい景色
  • ティーラウンジやロビー、エントランスから客室にかけてなどの贅沢な空間
  • 久々のコースディナー。素敵な食器やカトラリー

各寺院や施設でも、拝観料とか入場料がかかりましたが、「さすがにこれだけの建物を維持する費用と労力は大変だよね」ってことで気持ちよくお納めしてきました。

歴史は時間の積み重ね。今同じものは作れないですもんね。

少々驚いたのは、各寺院の方が直接案内をする場面が何回もあったこと。建物や仏様の由来など詳しいことはもちろんですが、気持ちよくお参りや授与物を勧めるトークがさりげなく上手でした。

お参りは昔のレジャーで、寺社はテーマパークみたいなものってブラタモリでやってましたが(確か出雲大社の回だったっけ)、本当にそうなんだなあ。

 

日常の食事は体への投資。レジャーも投資だと思った件。

年明けからのバイト期間中、普段の食事がどう体調に影響するか、それが仕事の質にどう関係するかを自分で試してみて、食事は投資だ!と確信しました。

で、今回のレジャー。

夫も昨年の転職やら、出張やらでバタバタしてなかなか「泊まりで観光」に行けなかったんですが、今回はとてもリラックスして楽しめ、本当にいい気分転換になりました。

私も疲れが出たのか、出発直前まで風邪で寝込んでいましたが、ゆっくり温泉にも入れてスッキリしました。

リフレッシュすれば、また新たな気持ちで仕事に向かえる。

 

今までは「レジャー」といえば「疲れて帰って来るもの」と思っていましたが、余裕のある行程で疲れも残さず帰ってきました。レジャーも投資にもなるかも!と感じた旅行でした。

 

劣等感の元をよく見たらあまりの小ささに笑っちゃった件

人からまともに扱われないとどうなるかっていうと、相手のあら捜しを始めます。で、相手にもツッコミどころというのはどこかしらあるものなので、

「なによ、あの人あんなこと言っているけど、ここは私の方ができるわ、フンッ!」みたいな謎の上から目線の態度を取ったりします。

 

でね、大体は自分の劣等感がベースにあるもんです。私も劣等感を持っています。

 

では、それってどんなものだったっけ?って書き出してみたんです。

  • 高校の時に落ちこぼれていた。数学・物理・英語がさっぱり。
  • 大学受験も失敗。一浪して第2希望の学校へ
  • 新卒で入った会社では、体を壊して4年足らずで退社。まともに稼いだ経験がない
  • 人前でしゃべれない。
  • 他人とのコミュニケーションが苦手。
  • それでも、見栄えのいい仕事がいいと思っていた。

確かに、30年前だったら結構重かったかもしれない。しかもかなりの勘違い女。イタタ。

 

今、これを見て思うことは、

  • それでも私は生きている
  • 子どもも割とまともに育った(一流大学卒とかではないですよ)
  • 夫は私をちゃんと見てくれている
  • 他にもいいことが100個くらいはある

暮らしていくのに、何の不自由もない。気持ちよく働ける場所もある。ありがたいことに。そりゃー華々しい仕事についているわけでもないけれど。

 

私、長い間、いったいどれほどのものにとらわれていたんだろうと思ったら、たったこれだけ。

劣等感だけが亡霊のようにまとわりついていて、正体は枯れススキだったとか。

 

笑える。ホントに笑うしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

アルバイト終了。感想など

今日で、期間限定のバイトが終わりました。

期間:約3か月

バイト代:約40万円

 

職場の人間関係でのストレスがほとんど無いという、当社比でも珍しい部類の仕事です。対ユーザーとのストレスはありますよ、それは。

 

仕事の内容は詳しくは書けませんが、今回やったのは

  • ユーザーからのデータ収集&入力
  • 元データの整理、保存庫への格納

です。データ加工の本筋というか、一連の流れは別業務なのですが、そちらも全体がわかったらさぞかし面白いだろうなあと思ったのでした(元システム屋なので)。

データ加工をする前に、データそのもののチェックやら、ふりわけやらで「きれいな」データにしているらしいし。

 

データを流すことを人の体に例えたら心臓の役割かなあ。血液を集めて肺で酸素を取り込んで、全身へ送り出す役割。

 

で、データ収集の際には、人間の醜い面、きれいな面のエネルギーが怒涛のように流れ込んでくるし、一連の流れにするためには、めちゃくちゃたくさんの労力がかかっている。

 

外から見たら単なる数字やらデータなんだけども、何かのエッセンスに見えました。今回。

 

今までは、仕事が上手くいく、いかないとか人よりできる、できないとかそんなことばっかり気になっていましたが、今回は大きな流れをうまく流す歯車・部品の役割をつつがなくできたかなあと思います。

 

えーと、仕事の内容を美化するとかじゃないですよ。所詮時給いくらで時間を切り売りしていたわけですから。稼ぐ効率とか言い出したら、もっとも最初のステップですしね。

 

ただ、毎日とても気持ちよく過ごせたのは間違いないです。

 

少々疲れも溜まっているので、しばらくはゆっくり休むことにします。

 

 

お金を使うのに言い訳は必要ない

年明けから始めた季節バイトが、今週の金曜日で終わります。

一旦は3月末で区切りがあったのですが、予想外に1週間追加となりました。自分の気持ちの中では3月末がゴールだったので、一息入れるために今日は休みを取ってお花見に行きました。

f:id:fukulife:20170403210203j:plain

 

すこし早めに出かけて混雑回避。人の流れに沿わずに別のお花見ポイント発見

見ていると、視界に入る桜に向かって人が流れているんだけど、遊歩道に沿って進めば奥にも桜の木があって、静かにゆっくりと楽しめました。

ぐるっと園内を散歩した後、売店でお花見弁当とお茶を買って芝生の上で広げました。思い立って手ぶらで来たのに、即席でお花見気分。

早起きしたわけでもないのに、おいしいお弁当が楽しめてとっても満足。

 

公園入口がラッシュアワーのように混んできたころ、早めに公園を出てフルーツパーラーへ。普段ならちょっと敷居が高いお店だけど、行ってみたかったので迷わずGO!

 

頑張った「ごほうび」や「慰労」ではなく、ただそうしたかったから

3か月間の勤務は確かに多少は疲れたけれども、仕事自体をやりたくないとか、仕方なく働いているわけではなかったので、精神的な辛さは全くなし。だから、辛さを癒すためのごほうびは必要じゃないんです。

ただ、今日はいい天気で桜も見頃だろうから出かけたかっただけ。

季節限定のパフェも、いつまでも食べに行かずにウダウダ迷っていないで、どんなものか体験したかっただけ。

今までは、「いかにお金を使わずに楽しむかゲーム」をやってきて、それはそれで楽しかったんだけれども、それはもういいかなぁと。お弁当を手作りにすれば確かに費用はかからない。でも、お金を払って何かを体験する機会は無くなっちゃう。

 

最低の生活費と自分の稼ぎを知ると、お金に関する不安は軽くなる

お金が貯まらないとか、お金に対する不安があると、「ダイエットは明日から」じゃないけれど「これは仕方がない出費だから」と言い訳しながらお金を使ってしまうことがあった。

(あ、私は貯金はめっちゃ得意です。っていうか、意識しなくても貯まるようになってる)

 

言い訳しながらお金を使うって、なんかスッキリしない。

 

今回1か月フルにバイトしてみたら、だいたい15万円くらいの収入になった。通勤費やこづかい、住宅ローンを除いた毎月の生活費より少し多いくらい。実際には年単位での支出もあれば、こづかいも必要だけれども、夫婦でバイトすればたぶん生活はできる。

 

実際にはダンナは勤め人だし、私も仕事次第でもう少し収入は増える。緊急用の貯金はあるのだし、健康で働けたら、不安を抱えなくてもいいんじゃない?

 

って気がついた今日のお花見でした。