空の見える窓から

50代、主婦。ミニマリストになりたい。

父と老健を見学する

悪の組織(?)と戦い、ショートステイを断固拒否していた父。 

fukulife.hatenablog.com

 

父、悪の組織のアジトへ向かう

 

私と父で、ショートステイ先の候補の一つ、介護老人保健施設の見学に行ってきました。車でないと行けないところですが、施設の送迎がありひと安心。以下では「老健」とします。

 

あれだけ抵抗していたのに、自宅へ行くと父はもう外出着に着替えて待っていました(笑)。めんどくさがりの父のことなので、母はてっきり部屋着(というか寝巻)で行くと思っていたらしい。

私としては、小ざっぱりとした恰好でいる意識があるっていいことだわと思いました。

 

さて、退院はしたものの、いきなり自宅で療養できない人のためのリハビリを行う 老健ですが、通所(デイサービス)や短期入所(ショートステイ)も行っています。

まず最初に案内されたのは、リハビリ室。父は一言も発しませんでしたが、興味を持った様子。

椅子から立ち上がる訓練、立ち上がって足元の障害物を避けながら歩く訓練など(他にもいろいろ)、その人の状態に合わせたリハビリが、専門スタッフの指導で行われています。

 

家ではあまり動かず、昼間も眠ることが多い父。無理をしないリハビリなら、いい気分転換にもなりそうです。今は立ち上がるのに時間がかかるため、その分トイレの心配が以前より大きいのですが、もしこれが訓練で良くなったら…

 

次に個室の見学。部屋のすぐわきにトイレがあるタイプと、部屋の中にトイレがあるタイプがあります。テレビの備え付けもあるので、テレビ大好きな父は気に入ったようです(特養ではショートステイでも持ち込みが必要)。

 

案内していたスタッフと父の会話では、知り合いが二人ほどこの施設を利用していたそうです。この施設もご近所の口コミで見学に行ったわけですが、口コミはなかなか侮れません。

 

父の考えまではわかりませんが、リハビリ室や個室内の様子は、興味をもって見ていたようです。自宅とはまた別の快適さを知るきっかけになればいいなあと思いました。

 

安心のためのチェックポイント

 

さて、今回体調不良で見学に行けなかった母ですが、老健で渡された書類に感心していました。要介護者を預かるには、本人の身体状況を細かく知っておく必要があるので、そのための書類が前もって渡されたのです。

 

医師の記入が必要な書類もあるので、申し込み前でもそういった準備のための段取りがしやすい心配りは助かります。かかりつけ病院では、主治医の診療を受けられる曜日が決まっているため、いつでもすぐに書類がもらえるわけではないからです。

 

母単独で見学した別の施設では、「とにかく早く契約を」と急かされるような応対だったそうです。介護関係に限らず、契約ごとで急かされるのは、あまりいい印象は持てません。新しくてきれいな施設だったそうですが、全体に暗い雰囲気で、スタッフの挨拶も無かったらしいです。

 

今回の見学でわかったこ

今まで介護施設には全く縁のなかった私たちですが、初めてなりに気が付いた点です。

 

  1. 体調が許せば、本人も見学すると安心できる
  2. 施設ばかりでなく、運営姿勢もチェックするのが良さそう
  3. 1か所だけでなく、必ず複数を比較する

 

ではでは。

 

 

 

 

日常生活ができるってすごいことなんだ

私の住んでいる地域は、お年寄りが多い。

調べてみたら、平成26年度の高齢化率(65歳以上の割合)は23.5%だった。75歳以上だと10.1%。

 

歩道を歩いていると、よくお年寄りの乗る自転車に轢かれそうになる。

ここら辺の歩道は幅が十分で立派なんだけど、お年寄りは、前方の障害物を避けられないし、ブレーキで止まれない。スピードを落として自転車から降りて、やっと止まれる。

 

手押し車で買い物をしているお年寄りも、前方の障害物を避けられない。スーパー内で避けるのはこっちだ。

 

怒る程ではないんだけれど、「ベルを鳴らせばいいのに」「ひと声かけてくれればいいのに」と内心舌打ちをしたくなることはしょっちゅう。

 

でもね、そうやって外に出て歩いたり、ましてや自転車に乗るなんて、実はとってもスゴイことなんだっていうことがやっとわかった。

 

父は、一人ではもう外出できない。

杖があれば歩けるけれど、自転車には乗れない。

視野がとても狭くなっているから、ほんのすぐ近くの人も障害物も避けられない。避けるために足に力を入れることもできない。

 

ほんの3か月前には一人でバスに乗って、孫の誕生日にケーキを持ってきてくれたのに。

 

だから、一人で外出して用事や買い物ができるお年寄りがいかに元気なのか、それができる環境があるここがいかに住みやすいのか

 

やっとわかったよ。

 

両親を見ていると、健康で活動的に動けるのは70代後半くらいまで。

もっと高齢なのにもっと元気な人もいるけれど、父だって70歳過ぎてもソフトボールチームで試合に出ていたくらいだから、体力はあったほうだと思う。

 

仮に75歳くらいまで元気に動けるとすると、私に残された時間はあと20年くらい。結婚してから26年たったから、たぶんあっという間だ。親世代より体力がなかったら、20年より短いかもしれない。

 

何をしてどう暮らしたいか、考えておかなきゃ。

 

 

介護する人は自分もいたわって

父が退院しました。今回は3泊4日です。

これが本来の日程なのですが、一刻も早く自宅に戻りたい父は、最後の確認を無理やりぶっちぎって2泊3日で退院してしまうこともありました。 

fukulife.hatenablog.com

 今回は、もともと高血圧でも何でもない母の血圧がなかなか下がらず、降圧剤を処方されるようになってしまい、父もずっと母が心配だったため、おとなしく予定通りにしていたようです。

 

悪の組織と戦うつもり?

 

両親のご近所さんは同年代の方が多いです。どういうわけか、父の知り合いは全部長期入所。デイケアとかショートステイを利用している方も、ちょっと離れた所には、いるんですけどね。

どうも、「奥さんとケアマネが結託して、ダンナはみんな施設に入れられるらしい」と思い込んでいたようです(笑)。結託って…

 

そりゃー「施設」って聞いただけで拒否反応ですわ。

それでいろいろワガママ言って、母と「戦って」いたとか?まさかねえ。

 

他人に介護を頼りやすくする工夫

 

今回の件、最悪のケースだと母が脳溢血の可能性もあったわけで、父もさすがに施設を利用すると言うようになりました。あいかわらず「長期入所しかない」と思い込んでいるようですが。

最近の多様なサービスを見聞きする機会がなかったので仕方がないのですが、一度ショートステイ→自宅に戻るという経験をすれば、きっとどういうものなのか分かってくれると思います。

 

一方、介護する側にも、他人の力を借りやすくする工夫が必要。

私もそうですが、自分の家に他人が頻繁に出入りすることには抵抗を感じます。それでも、家の中の一部分だけでも、外部の人が出入りしても気持ちの負担にならないようなレイアウトにするのは必要です。

他人に見られたくないもの・立ち入られたくない場所って、誰にでもあるもんね。

 

今では、父のベッドは2階から玄関に近いリビングに下し、少し離れた座卓で食事をしたり、訪問看護の方と面談したりする空間としています。

そう考えると、広めのリビングとか、リビング脇の部屋と一体利用できるような作りって、中年以降の家の間取りとしても使いやすそう。

 

今回は入院でしたが、3泊4日の間だけでも介護から離れることができて、母も少しは体を休めることができたようです。それまでの追い詰められたような様子が、多少ラクになったように見えました。

すると、父も安心した表情になります。

そうやって少しずつでも介護する人の負担を減らしていくことが、結局は介護される人にもいいってよくわかりました。

 

お世話する人も遠慮しないで一人の時間を持てるよう、家族でも、ご近所でも、公的なサービスでもなんでも利用することを考えましょう。

 

 

 

父とショートステイ・その後の介護を左右する重要ポイントがあった。

今、入院中の父ですが、先日母が救急搬送されたことで、「そろそろショートステイを利用しようか」という話になりました。 

fukulife.hatenablog.com

 

 ショートステイとは

介護保険における要介護・要支援者への居宅サービスの一。特別養護老人ホームなどに短期入所し日常生活の介護などを受ける短期入所生活介護と、介護老人保健施設などに短期入所し医学的管理下で介護などを受ける短期入所療養介護に分けられる。また、障害者自立支援法においては、要件を満たす障害者・障害児が障害者支援施設などに短期入所して介護などを受けるサービス。 (goo辞書より)

 

介護する人が病気・疲労・旅行・冠婚葬祭などで一時的に介護できないときに、短期で利用できるサービスです。2泊3日などで、一定の要支援、要介護の人を預かってくれます。

 

介護施設は種類が多すぎてさっぱりわからない!

 

これが、本格的に入所するための施設探しとなると、施設の種類が多すぎてどこから手を付けてよいのかさっぱりわかりません。

 

金銭的なものはもちろん、認知症の有無、介護度がどれくらいか、生活面のみのケアでよいか、医療面のケアも必要かなどで選ぶ施設が違います。

 

今回はケアマネージャーさんや、民生委員さんに相談して、上記の説明にある特別養護老人ホームと介護老人保健施設にそれぞれ母が見学に行くことになりました。

 

特別養護老人ホームは、要介護3以上の人が対象で、24時間介護が受けられ、長期入所が可能な公的施設です。費用も比較的低額なので、「入所待ちで何年も先までいっぱい」というのはこのタイプ。

 

介護老人保健施設は、退院した後すぐの自宅療養が困難な人のために、主にリハビリを行うところで短期の利用目的の施設。

 

今のところ、父を長期で入所させる予定はないので、それほど選択には困らないだろうと思っていたのですが、ケアマネさんから思いもかけない点を教えてもらったそうです。

 

最初が肝心。その後の介護が左右されるポイントって?

 

「2泊3日のお泊り介護だから」と依頼する方は気軽に考えていたのですが、大きな勘違い。

 

そもそも、いきなり病院でもホテルでもないところに連れてこられ、家族はおらず、相性も合うかどうかもわからない他人に着替えや食事、入浴の手伝いを頼むのですから、思考力の落ちている本人には大きな精神的負担になります。

 

いったん「気に入らない!不愉快だ!」となると、あらゆる施設を拒否!ということにもつながるので、最初の施設の利用は慎重に考えたほうがいいのだそうです。

 

もちろん、緊急度の高い場合はそうもいっていられないのですが、時間があるなら検討したほうがよさそうです。

何しろ、年齢が高くなるほどこだわりが強く、怒りっぽくなることが多いですもんね。

 

 

 介護する方も抱えすぎない

 

介護サービスの利用を、最初は渋っていた母ですが、知り合いに介護関係者や民生委員さんがいたおかげで、思い込みとか、敷居の高さが段々となくなってきたようです。

そもそも、体力的に限界があるってことを動けるうちは認めないんですもん。こちらもとっても頑固。

でもねえ、「お母さんの血圧の高いのが心配だ。自分のせいで」と言っていたのは父なんです。介護する人が辛かったら、されるほうだって辛い。

だから、頼れるものはなんでも頼っていいと思います。

 

 

 

 

父のお気に入り

体温調節が難しくなった父のために、ウールの腹巻を買ったのが先月。まだ暑いよ~

 

気が急いていて、売り場でよく確認せずに買ったのですが、ポケット付きだったようです。カイロを入れるんだそうです。なぜかファスナー付き。

洗い替えにもう1枚買う時に、ポケット無しタイプがあることがわかりましたが、カイロは入れるかもしれないし、やっぱりポケット付きにしました。

 

そうしたら…

 

父はその腹巻を大いに気にいったのだとか。カイロではなく、お財布を入れているのだそうです。散歩のときなどに使う、カードケース位の小さいお財布で、少しなら紙幣も入ります。

ずっと家にいるので、身に付ける必要はないのですが、寝る時もそのまま。

 

先日の旅行の時も、そこからお財布を出して楽しそうに買い物をしていました。 fukulife.hatenablog.com

 

腹巻きそのものも温かいのでしょうが、きっと懐もあったかいのでしょう ^^

 

会話をしていて多少ちぐはぐな時もありますが、巷でよく聞く「お財布を取られた」「お金を盗まれた」と言って騒ぐことはありません。とっても穏やかに過ごしています。常に一緒にいる母には何かと怒ったりするらしい

 

女性なら、軽くて可愛いポシェットなどがいいのかな?

 

何かのご参考になれば。なるのか?

 

 

繰り上げ返済のデメリット

以前、こんな記事を書きました。 

fukulife.hatenablog.com

 思い切って、ローン返済を見直してみてよかったねというお話でした。

 

住宅ローン繰り上げ返済の目的

 

支払金利の軽減が注目されがちですが、繰り上げ返済には、

  • 返済期間を短くする
  • 返済額を低くする

効果があります。

個々の経済状況にもよりますが、最近は「退職前にローンを完済しましょう」と言われることが多いです。そこで、返済期間の短縮を行います。

 以前は残債を退職金で清算することがありましたが、住宅の値上がりが期待できない以上、退職金を大きく減らすことは老後資金を減らすことにもなるからです。

 

一方、何が何でも返済期間を短くするのは、せっかく現金一括払いでなく、分割払いで大きな買い物するのですから、「長期の分割払い」の権利を放棄するのはどうなの?っていう問題もあります。

 

 

 

また、毎月の返済の負担を減らすために、元本を減らすということをします。

 

払った元本は戻ってこない

 

最近では、繰り上げ返済はそれほどまとまった金額である必要はないようですが、手元の預貯金を不用意に減らしてしまうことは、不安につながります。

緊急に費用が必要になった場合に新たに高金利のキャッシングやローンが必要になるなど、本末転倒なことにもなりかねません。

そもそも、そこまで余裕がないのに繰り上げ返済はダメよってことです。

 

また、一旦期間短縮をしてしまうと、借り換え時には短くなったローン期間での融資となります。

 

繰り上げ返済の効果が出るタイミングは、

  1. 完済後、住居費の負担がなくなるor軽くなる
  2. 返済額軽減で毎月の支出が減る

のいずれかです。すぐに効果が出るのは2.ですが、借入額と繰り上げ返済に充てる費用のバランスによって軽減額は異なります。

 

例えば、3,000万円 35年元利均等 金利1%のローンで、1年後に繰り上げ返済100万円を実行すると(返済額軽減)、毎月の返済額は、

実行前 84,685円

実行後 81,787円

 と、軽減額は3,000円を切ります。この場合、「100万円はもしもの時のために、手元に置いておく」という判断も出てくるでしょう。

 

デフレ時の考え方にとらわれすぎない

 

超低金利で、銀行に預けるだけではお金は増えない、かといっていきなり投資は怖いということで、余裕資金を住宅ローンの繰り上げ返済に充てることは、ノーリスクで割のいい「運用」の側面がありました。

時期的にはウチも該当したのもあり、住宅買い替え時の所得税・住民税軽減と合わせると約2,500万円の効果がありました。

世間でよく言われる「老後資金には3,000万円」の目途は、ある程度付くのかもしれません(3,000万円の根拠とか妥当かどうかは、今は考慮しないものとします)。

 

ただ、徐々にでも資産運用に慣れていかないことには、早々行き詰りますし、できれば運用で得た余裕で生活を楽しむことに使いたいです。

 

最初は少額で慣れることから

 

税制優遇がある個人型確定拠出年金、NISAなどの制度が登場し、投資信託などの信託報酬は、以前よりは下がってきています。

日本に居ながらにして、経済成長を続けている分野にお金を掛けるには、環境が整ってきつつあると言えるでしょう。

20年前から、おそるおそる元本保証のない金融商品を試してきましたが、始めは本当に怖かったです。投資信託などを経て、初めて日本の個別株を買った時、あっという間に評価額が2万円下がったことは強烈に覚えています。

まだまとまった額を投資するまでにはなっていませんが、比較的精神的に不安の少ない方法もあるので、自分でも整理してみようと思います。

 

 

 

介護共倒れ?

先日、救急車を呼んだ母ですが、 

fukulife.hatenablog.com

 その後、発熱。昨日まで丸二日熱が下がりません。

昨日は、買い物したり、食事を作ったり。一緒にご飯を食べて、話を聞いたり。

しばらく眠ると、それ以上は眠れないから起きているんだけど(寝とこうよ!)。

 

今日はメッセージ飛ばしましたが、返事がないので様子がわかりません。頼まれた買い物があるので、届けがてら様子を見に行ってきます。

 

「おかしい。熱が出たっていつもだったらとっくに下がっているのに。もっと動けるはずなのに」

 

いやいや。半年以上気を張り詰めていたんだから、体が限界だったんだよ。ここで休めってことなんだから、素直に寝ておこうよ。

 

偶然?テレビで看取りに関する特集があったようで、「昼間眠る時間が増えているってことは…」と少しずつ現実を受け入れつつあるのかもしれません。発熱したのもいい機会。緊張を緩めて自分を労わって欲しいです。