読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の見える窓から

50代、主婦。ミニマリストになりたい。

「これって無駄遣いしすぎ?」子に家計相談を頼まれる

お金のこと

「お母さん、今月のカードの引き落とし額がすごい(多い)。どうしよう!」

 

f:id:fukulife:20160828214349j:plain

 

療養中の子から、お金の相談を頼まれる

かなり良くなったとはいえ、そこはメンタル系の治療中。精神的に不安定になることもあり、(まだ無理しなくてもいいのに)就活系や自己啓発系の本を買い込んだり、健康維持に神経質になっているのか、マッサージグッズや健康食品などを買っているようです。

実家暮らしなので、住居費と食費、光熱費などは親の負担。傷病手当金からは治療費と社会保険料を払えば、残りは何に使おうと本人の自由にさせています。

 

今回、カード払いのお金は用意できたものの、次の入金が決まっていないのに手元のお金が1万円ちょっと。そこで、「お母さん、相談に乗って!」ということになりました。^^;

 

現状で、一番マズイこと

上でも少し書きましたが、収入が入る前にお金が無くなること。これが一番マズイです。

私が勝手に尊敬している林 總さんの本「老後のお金」より。

「国や会社はきちんとした会計が当たり前。でも、家計は行き当たりばったりでOK」と思っているとしたら、その認識は今すぐ改めなければなりません。実のところ、家計管理は会社経営より真剣に考えるべきです。会社は倒産すればそれで終わり。ところが家庭はたとえ破綻しても終わりはなく、その影響を家族全員が一生にわたって引きずることになるからです。

 家計の経営は一生の仕事です。絶対に倒産は許されません。

 まだ単身のうちに、「存続できる家計」のやり方を覚えてほしいところです。

上記の引用を読む限り、難しそうな印象を受けますが、これは心構え。やり方はそんなに難しくないので心配ないです。

 

本人は軽いパニック状態

本人は通帳記入をしてみて青ざめています。大きな買い物をした覚えもないから、余計です。たまにプレゼントで大きな額が動くくらいで、一つ一つは数百円~2・3千円の支出がほとんど。

「なんでお金が無いの?(そりゃー使ったからでしょ)」

「何に使ったっけ?(お母さんにはわからないよ)」

「これじゃ貯金できない!(無職なんだから別に気にしなくても)」

「お金が減ってどうしよう!不安!(いいから落ち着いて!)」

日常のストレス解消や、友達付き合い。お金を使うことが決して悪いわけではありません。

 

まずは現状を整理

1.いくら使ったの?

使うのは、現金かクレジットカード。ATMの引き出し記録とカードの請求額の合計が使った額になります。

 

2.何に使ったの?

ATMを利用するたびに、通帳に書き込みがあった(意外とマメな性格らしい)ので、ざっくりと何に使ったかは落ち着いてみればわかります。

カードの利用記録にも支払先が載っているので、それも確認。

 

3.で、満足した?

部分的に満足しているものもあるようですが、何よりショックなのはその総額。

「自宅にいるのに、お家賃と光熱費払うより大きな額」が何気なく消えた(使った)ことがショックな模様。この額を使うなら、もっと満足感の残ることにも使えたんじゃないかと思ったようです。

 

この後の現状把握の続きと、今後具体的にどうするかが続くのですが、外出予定があるので帰ってから。

では。

 

 

バイト初日。自分の気持ちに従ってよかった。

雑記

昨日はバイト初日でした。

年明け早々、まだ業務量がピークを迎えていないので、オフィスの雰囲気もゆったりと温かいです(たぶん来月以降は死にそうに忙しいけど)。

 

あのままの場所に居続けなくて、よかった~ 

fukulife.hatenablog.com

 

f:id:fukulife:20170105072606j:plain

最初は研修だったのですが、そこでもやっぱり出てくるんだよなあ。

「他人と比べて」「もっとやらなきゃ」って。いやいや、そうじゃないから。

 

自分が現場で、どうしたらパフォーマンスを上げられるかだから。人と比べてではなく。自分で自分に納得できるかどうかだから。

 

そこを間違えないようにしようっと。

 

実家での新年会。義理の姉妹とも自然に過ごせたよ

雑記

今日は数年ぶりに実家で私たち兄弟が顔を揃えました。

f:id:fukulife:20170103205122j:plain

実家といえども義理の姉妹も一緒なわけで、いつもはどことなく気を使ったり、よそよそしかったり、できれば行きたいくないなあと思っていたわけなんですが。

今日はまったく自然に過ごすことができました。

今までは、義理の姉妹のいろいろなところが気になっていたのですが、今日は全然気になりませんでした。

 

たくさんの食器の準備も、今日しなければいけないお料理も、みんなで手順良く分担できましたし、後片付けもスムーズ。

 

人のことが気になる=気がつけばアラ探しをしてしまうって、自分をどこか認められていないというか、自信が無いので、人の足を引っ張りたい気持ちなのだろうか?と思いました。

 

今の幸せを満喫する

年末年始で、家計簿を締めてバランスシートを作りました。家計簿は1年の内容ですが、バランスシートは夫婦のこれまで=25年の結果なわけです。

「私たち、頑張ったんだね」とお互いに言えてよかったです。

今まで、私はパートや契約社員などで働いていて、正社員だったわけではありません。家計はずっと夫が支えてきました。そのことがものすごく引け目だったのですが、25年間の成果は、そのままありがたく捉えることにしました。

 

療養中の子も、少しずつ前に進みだしましたし、2016年はいろいろと大変なこともありましたが、おおむね良い方向にすすんでいる。ちゃんと幸せがあるのを味わおう。そう思いました。

そうすると、なんか肩の力が抜けたみたいで、いつもならどこかピリピリしているのに自然に振舞えていました。

 

今まで、どうでもいいことに気を取られて、ちゃんと見ないといけないものから目を逸らしていて、独りよがりにイライラしていたように思います。

不思議だなあ。

 

 

今年の「なりたい自分」。あけましておめでとうございます。

雑記

あけましておめでとうございます。

f:id:fukulife:20170101152712j:plain

今日は、すこしだけ早起きして家じゅうのカーテンを開けた後、東側の窓を全開にして初日の出を拝みました。

この後すぐに氏神さまに初詣するつもりだったのですが、自然と拝みたくなりました。昨年末の人間関係のトラブルで、どうふるまっていいかわからなかった時も、静かに朝日を浴びていると自然と気持ちが落ち着いてきました。

 

下手な小細工とか、ハウツーとか「もういいや!」って。

目のないダルマ

2015年の年末ごろ、ダンナ様が出張のお土産に金色のダルマを買ってきてくれました。

 
f:id:fukulife:20170101161856j:image

でも、ダルマを前にして、私は自分がどんな願い事をしたいのかわかりませんでした。それから1年以上もずっと目のないまま、ダルマは飾られているだけでした。

 

今年「なりたい自分」

ズバリ、「機嫌のいい人」。さすがに辛いことや怒るべき時にまで無理にニコニコしていようということではありません。

自分を卑下することなく、きちんと物事に向き合いたいという願いも含まれています。

自分を卑下している時って、「自分はダメだ」と思うと、私はそこから1歩も動けなくなるんです。さすがにそれは時間がもったいない。

同じ「できない」でも、それがタイミングなのか、何かが足りないのか、段取りが悪いのか、原因はいろいろあるはず。そういうことに考えが行かずに「ただ自分がダメ」だというところから動けないのはちょっともったいないなと。

 

何か少しでも進めたり、変えたりできるなら「機嫌のいい人」でいられるんじゃないかな。

 
f:id:fukulife:20170101161916j:image

 

 

 

自分の気持ちを優先してバイトをやめてみた。その後。

雑記

先日の御用納めの日に、バイトを辞めました。 

fukulife.hatenablog.com

 採用通知が来ない!

次のバイト先から、電話で勤務開始日だけ連絡がありました。「詳しくは後日文書(採用通知)でお知らせします」ってことだったんですが、その文書が来たのが退職の前日。

集合時間とか集合場所とかがわからず、結構やきもきしました。

なんてったって、電話連絡で口頭で伝えられているだけなので、「そんなの知らないよ」と言われたら最初から無いことになるからです。

 

採用通知を開けてみたら…

なんと募集時より時給が10円UPしていました。人が集まらなかったのかしら。これで、それまでのバイトより時給が100円上がることになりました。

 

「退職したい」と申し出た時に言ったこと

採用担当者であり、上司の立場にある人に言ったのは、

・仕事の内容には興味もあるし面白さを感じていること

・上司にも、現場担当の正社員にも良い印象を持っていること

・先輩バイトの発言?指導?には納得が行かないこと

全く筋違いのことを言われているのは理解してもらえました。

 

今までこういう時って、相手を非難したり、怒ったり、とにかく感情的に訴えたりしていたのですが、今回はあえてそうしませんでした。

先輩バイトだって、その人なりの考えで行動しているだろうし、今回それを改めてもらおうとは全く思わなかったからです。面倒くさい。

 

で、人によっては長く務めるために我慢するとか話し合うとかするでしょうし、今までの自分だったらそうしていたところです。

でも、今回はそういう努力?をしてまで仲良く一緒に仕事をしたいかと言われたら全然そうは思えなかったのと、そうする時間がとても惜しいものに思われました。

傍から見たら、わがままに見えたかもしれません。

 

退職時に言われたこと

自分のわがままで辞めるのですから、もうこれでその職場とは縁が無くなるのだろうなと思っていたのですが、思いがけないことを言われました。

「今後人事異動があったら、その時はぜひ(来てください)」

「ほかの部署から採用の連絡があったら、ご協力ください」

と、「社交辞令だかなんだかわからないけれど、それほど悪く思われていなかったのかな?」という印象を受けました。

 

その職場ではちょっと変わった採用システムで、履歴書を提出しておくと一定期間は有効で、人手が足りなくなった部署ごとに応募者に連絡してきます。

たとえばA部門から連絡があって面接を受け、勤務条件が合わなくて辞退したとしても、その後B部門の募集があって勤務条件が合えば採用されます。

 

周りと合わせることに疲れてはててしまう前に

今回、初めて意識して「損得よりも自分のやりたいことを優先して行動」してみたわけですが、思いのほか平和?に、しかも自分の都合の良いように(空白期間もなく、時給もUP)なって、しかも本当のところはどうかはわかりませんが、少なくとも表面的には悪者扱いされずに済んでしまいました。

これが正社員なら、今の待遇を維持するとかいろいろあるのでしょうが、バイトだったらそれほどハードルが高くないのかもしれません。

 

人間関係のわずらわしさは、どこに行っても付きものですが、自分がヘトヘトになるまで我慢しなくても大丈夫だってわかりました。

 

2017年にはこうしたい!

自分で自分の機嫌を取って、毎日笑って過ごしたいです。

 

 

細々と続けてきた当ブログですが、年内の更新はこれが最後です。

皆様どうぞよいお年をお迎えくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスのお花と子の回復と。

家族が休職するとき 雑記

ちょっと背景が暗いですが、ダンナさまからクリスマスプレゼント!


f:id:fukulife:20161225173404j:image


f:id:fukulife:20161225173421j:image

引っ越してから、それまでのお花屋さんには行けなくなって2年余り。「お花のプレゼントがないのは寂しいなあ 」と思っていたところの花束です。

 

うれしいなあ。

 

今日は、ずっと療養していた子が医師の勧めでバイトの初日。無事1日を終えて帰ってきました。明日も楽しみなのだそうです。

よく、ここまで回復したものだと思うと、とてもうれしい。

どれくらいうれしいかと言えば、赤ちゃんが生まれたのと同じくらいうれしい。

ああ、よかった。

 

メリークリスマス!

 

 

 

2016年12月の家計簿。数字だけでは、支出の質は追いきれないなー

お金のこと

家族3人の生活が落ち着いてきたのか、前月よりさらに支出が減った今月の家計簿です。

f:id:fukulife:20161225125921p:plain

支出の詳細

住居費 19970円

 住宅ローンは含まず。管理費と修繕積立金の合計で毎月定額。

 

電気料金 5992円 ガス料金 4636円

 エアコンを使わない時期ですが、去年より電気代が安いのは人数が減ったから?ガス代は去年とほぼ同じ額。

 

水道料金 3777円

 奇数月に支払い。年末にかけて掃除や洗い物が増えるので、次回はたぶん多い。

 

電話料金 2957円

 ネット回線とIP電話。通話料金は従量制だけど、ほとんど使っていない。だいたい3000円あたりを行ったり来たり。

 

現金支出 66606円

 今月の医療費は、歯科の定期健診1名分。レジャー費の内訳は主に外食代。ちょっと内容が悪いなあと思ったのは、私が仕事の日に、家族に夕食の支度を頼んだらできていなかった時の居酒屋代。先月バルイベントで飲んでますからね。他の月なら「たまにはいいでしょ~」なんだけど、今回はちょっとねぇ。

 あと気になったのは、夫がストレス発散のためにデパ地下で買ったお惣菜。3000円以上だったようですが、家計からは3000円だけ出しました。私は小心者なので、1食分でそんなに使えないです。普段はそんなことはなく、まあめったにないことなので良しとしました。

  

まとめ・合計だけ見れば予算内に収まっていてOK。支出の内容を見直したい時は、やはりメモ程度でも記録があると早く確認できる。

 とまあ、「予算内でオッケー!」でもいいのですが、予算がキツいのかゆとりがあるのかの判断のためにも、簡単でいいから支出内容がわかる方が、私にはやりやすいです。

 予算内に収まると、予想外の出費(お惣菜に3000円以上も使うとか←シツコイ)があっても心穏やかに過ごせますねー

 

 これで、1年間の収入と支出が確定するので(年末の支出は2017年1月扱い)集計をします。ついでにふるさと納税の上限額もはっきりするので、夫と相談してどこに寄付するかを決めます。

 来年の予算は、主にレジャーをどうするかで決まって来るので、年末年始ゆっくりしながら考えることにしようっと。