読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の見える窓から

50代、主婦。ミニマリストになりたい。

自分で自分を認めたら、なぜか父親に変化が。

前々回の記事で、現状をしっかり楽しもう、不安の種を探すのはやめようと決心したことを書きました。 

身の回りの物も間に合わせを止めたり、食事を簡単でも丁寧に取るようにと自分や家族の生活を少し変えてみたり。

fukulife.hatenablog.com

 これがちょうど1週間前。

で、昨日久々に実家に顔を出したところ、母から驚きの話がありました。

「お父さんが、『俺はお金には不自由していない』って言うのよ!私におこづかいもくれたし!!」

 

あればなくなるまで使う

私の両親は、母がしっかり者で几帳面、父はお気楽な性格で、無頓着な方です。お金に関してもそうで、父はあればあるだけ使ってしまいます。買い物が大好き。

子どものころ戦争中で不自由したからなのか、親子関係の所為なのかわかりませんが、とにかく手元にあるお金は使わずにはいられない性格です。ギャンブルはしませんし、体調もあってお酒もほどんど飲まなくなりましたから、食品や雑貨をよく買っていたようです。生活費はちゃんと母に渡しています。

年金生活に入ってからでも、家の修繕などにはまとまったお金が必要なのに、そんな調子なので、母はそういったお金を父に使われる前に説明して確保するのに大変そうでした。

 

また、奥さんを先に無くした知人が、年金を全部自分の裁量で使えることができるから「羨ましい」と言ったそうです。それも母に対して。それくらいお金に関してはどうかしているのが父です。

だから、「お金が足りない」「もっと使いたい」としょっちゅう言っていたようです。私たち兄弟=子どもの前ではそんなことは一言も言いませんが。

 

 

自分の気持ちがラクになったら 

そんな父の、「お金には不自由していない」発言。今は入院中なので、どういう心境なのかは退院したら聞けるのかどうか。

子どもとしては、父が穏やかな気持ちでそう言ってくれているならいいなあと思っています。

 

私はこれまでずっと、自分を「仕事をしてお金を稼ぐ」という物差しで測っては、自分に対してダメ出しをしてきましたが、結婚してからここまでの間にかなったことはとてもたくさんあります。

それこそ、お金の面で見たら世間的に「いいなー」と言われるかもしれません。

でも、昔から私が夫に求めていたのは「ずっと一緒に楽しく食事ができること」で、年収がいくらとか、勤務先が大手企業だとか数字で見える条件ではありませんでした。結果的にはそうなりましたが、最初は年収も決して多いほうではなかったです。

 

そう言えた私を、私はもっと認めたらよかった。

青戸真穂さんのセッションでそう気づくことができて、なんだか気持ちがとてもラクになりました。