読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の見える窓から

50代、主婦。ミニマリストになりたい。

間に合わせの服はやめます。

ミニマリスト

衣替えの記事で書きましたが、服を買い足しました。

 

fukulife.hatenablog.com

 

今シーズン買いたいものは、

  • 仕事着兼外出用にキレイ目のボトムスを1本と、綿かストレッチ素材のシャツ1枚
  • 仕事用にカーディガン1枚
  • ジャケットの中に着るインナー2枚
  • ダウンのコート
  • ウールのコート

別の用事で 外出した時に、無印良品の大型店に寄って買ったのが、この2点。

www.muji.net

www.muji.net

ネルのシャツはチェック柄が多いし、それだと職場にはちょっとカジュアルすぎるので対象外だったのですが、無地のオフ白ならまあいいかと。素材が日常着向けなんですが、ポロシャツはOKな職場です。

真っ白とか青味がかった白では顔色が悪く見えるので、白シャツ・ブラウスは意外と買えないです。

カーディガンは、動きやすさ重視の薄手で軽いもの。腕が動かしやすいものを選びました。手持ちのインナーとも合わせやすいです。

 

数は少なくても、自分のために買いたい

一昨年の引っ越しの際に、普段着をかなり処分したのと、昨年4キログラムの減量に成功したこともあって、それまでの服が合わなくなりました。

減量の途中でサイズが定まらなかったこともあって、必要最低限の物しか買わずにいたら、実家の母がアウトドアブランドの服を「やっぱり着ないから」と譲ってくれたりしました。

(登山用のインナーやパーカーは防寒性と通気性が抜群です。デザインもいいので真冬にはとても便利)

数少ない服をせっせと着たので、さすがに着古した感も。今シーズンは買いなおしたいところです。

 

あとは、今年に入ってから外出の機会が減ったこともあって、日常着がメインになりました。そうすると、何となく間に合わせで選んでしまって、いい意味での緊張感が無くなっていたみたいです。

 

今日、新しいカーディガンを着て仕事に行ったのですが、やっぱり気持ちがいい。試着して似合うものを選んだし。姿勢も伸びますし、たぶんいくらかは表情も柔らかくなったかもしれません。

ここしばらく、「自分を大切にするってどういうことなんだろう」ってあまりピンと来なかったんですが、こういうこともそうなんだなーとしみじみ思いました。

「安いから」「家族の誰かが着ていたものがまだ着れるから」など、間に合わせの服はそろそろやめようと思います。

 

一気に全部買わなくて正解

自分に似合うものが何かよくわかっていると、たぶん買い物は一気に済んでしまうんでしょうが、まだわからないので一部は保留にしています。コート類は時期的にまだ早く出揃っていないようでした。

たまたまですが、上記の服の他にうれしい買い物をしたので、次回はそれについて。