読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の見える窓から

50代、主婦。ミニマリストになりたい。

資格のこと

先月某資格試験を受けて、合格できました。

 

子育てしていた時から好きなジャンルで、勉強はしていなかったけど関係ありそうな本を読んだりはしていたんです。でも、「試験を受けよう」とかはまーったく考えていなかったんですよ。

 

当時調べてみたら、資格学校に通って、25万円くらいだったかな?かかったので。

おばちゃんの焦り

 

で、45歳の時。

わずかな自己負担で勉強できるチャンスがあって、思わず「これだ!」と飛びついたのがきっかけです。初級クラスを受けました。

 

この時は、気がつけば子どもたちがもう中学生と高校生。充分手が離れている時期。なのにのんびりパート勤めで、子どもの受験で気忙しいのを理由に何もしていませんでした。申し込みはしたけれど、ついていけるのか不安でした。

 

「もう新しく勉強なんかできないんじゃないか」

「頭がついていかないんじゃないか」

「このまま歳を取っていくだけなんじゃないか」

 

今から考えるとオカシイんだけど、当時は自分が世間から取り残されている感じがして、半分パニックみたいになってました。だから、受講も必死。ネットで資格の勉強法のサイトを片っ端から探して、受講後の試験に備えました。

 

その講座の最後にある試験さえ受ければ、別に正式の資格試験は受けなくてもよかったんですけれど、その時はもう「自分がどれだけやれるのか知りたい!」だけ。

 

一緒に受講していた仲間もドン引きしてました。

 

でも、元々好きな分野のことだったので、勉強自体は楽しかったです。受講仲間も結局全員資格試験の方を受けることに。みんなで集まって試験対策や宿題をやって、ワイワイ楽しかったな。

 

資格は取っただけじゃ役に立たないけれど、チャレンジしてよかった!

その後独学で中級を取り、それまでのパートとは全く違う業種のフルタイムの仕事に就くことができたのは、この時の勉強が頑張れたおかげ。勉強の過程でエクセルやワードが必要だったので、簡単なPC作業ができるようになったことも役に立ちました。

 

取った資格は特に評価されなかったみたいです。面接では聞かれましたけれど、面接した方は興味なさそうでした。

 

それでも、さび付いた頭でもなんとかなりそうな気がしました。その時はまだ自信がある!とまでは行きませんでした。丸々10年続けていたことをやめて違うことをするので他のことでもエネルギーも必要でした。

 

仕事で必要な資格も取れた

最初の1年は慣れるのに必死だったけど、仕事に必要な資格を取ろうと決意!ただ、マイナーな資格のため、市販の教材がほとんどありません。そこで、勉強範囲が似ている別の資格とダブル受験をしました。この時は取りたい方の試験には落ちてしまって、翌年の再受験で合格しました。

 

ここまで来てやっと、「この歳でも新しいことが出来るんだー」って自信が持てるようになりました。仕事がハードだったので、家事はおろそかになりましたが…

 

この資格は、仕事で必要だったのでとっても無駄にならない資格でした。ただ、数年勤めて体調を崩したり引越しがあったりでそこは退職したので、今は活用されていません。(・・;)

 

でも、今回受けた資格に一部関係があったので、そこは助かりました。

 

行動範囲が広がった!

この資格は、維持するのに勉強会に参加するので、そこでの知り合いができました。何もしなかったら、きっと永久に縁がなかったと思います。

 

「自分なんて、●●しても仕方がない」

「 やったってできない」

 

とか、後ろ向きに考えることが多かったのですが、「やったら結果が出ることもある」とわかっただけでも収穫です。他人がどう思おうと、ムダであろうと、それこそ「このまま歳を取ってできなくなったら後悔する」のがイヤだったので、受けてみて良かったです。

 

50代でもなんとかなるよ!